カード活用術 HOMEクレジットカード選びのコツ > 電子マネーを活用する



  電子マネーを活用する
1. 電子マネーとは
2. 電子マネーは 「プリペイド式」(前払い) と 「ポストぺイ式」(後払い) に分類
3. 電子マネーは 「交通系」 や 「流通系」 が人気!


  1.電子マネーとは  


 電子マネーとは、電子的なデータのやりとりによって決済を行う決済サービスのことをいいます。レジなどに置いてある 電子決済端末 に「電子マネーのカード」(や電子マネーの機能を備えた携帯電話)を「ピッ」と接触させるだけで、現金と同じようにモノを買ったりサービスを受けたりすることができます。

 最大のメリットは、「クレジットカードのように精算時にサインをする手間がない」ことです。また、「現金のように小銭を持ち歩かなくてもよい」という便利さもあり、最近では一気に普及しています。

 プリペイド式(前払い式)の場合、提携のクレジットカードでお金をチャージ(入金・補充)すれば、①チャージ時 (クレジット請求時) ②電子マネー利用時 (お店で電子マネーを使って支払ったとき) の2回もポイントが付きますので、お得感に溢れています。

 代表的な電子マネーとしては、楽天Edy(エディ)、Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、nanaco(ナナコ)、WAON(ワオン)、iD(アイディ)、QUICPay(クイックペイ) などがあります。


  2.電子マネーは 「プリペイド式」「ポストぺイ式」 に分類  

 電子マネーは、精算方法の違いにより、あらかじめお金を前払いしておく「プリペイド式」(前払い)と、後で支払いが請求される「ポストペイ式」(後払い)の2つに大別されます。ちなみに、プリペイド式で あらかじめお金を入金(補充)しておくこと を「チャージ」と言います。

   プリベイド式 電子マネー
 プリペイド式 とは、あらかじめお金をチャージ(入金・補充)して、その金額から料金が差し引かれる方式です。足りなくなったら、現金を 専用端末 でチャージします。メリットは、「誰でも簡単に作ることが可能(無記名式も有り)」「使い過ぎの心配がない」「クレジットカードでチャージすれば、ポイントの2重取り(3重取り)ができる」などです。お金の使い過ぎを防ぎたい方なら、プリペイド式(前払い式)の電子マネーがオススメです。

 「ポイントの2重取り」について、もう少し詳しく解説します。クレジットカードでチャージ(入金・補充)する場合、チャージ(入金・補充)した時 (クレジットカードの利用代金請求時) に「クレジットカード」のポイントが付与されます。クレジットカードのポイントを沢山貯めたい方にもオススメです。また、お店で電子マネーを使った際にも「電子マネーのポイント」が付きますので、「ポイントの2重取り」ができる、ということになります。クレジットカードのポイントは、電子マネーに交換して使ってもいいですし、その他にもマイルや商品券などへの交換も可能ですので、活用方法は色々と広がります。

 ただし、プリペイド式の電子マネーにもデメリットはあります。「利用限度額が低い」こと、そして特に気を付けなければいけないことは、「(無記名式の専用カード等)紛失・盗難の補償がない場合がある」ことです。おサイフケータイの紛失・盗難の場合、楽天Edyは補償してもらえません。モバイルSuicaは、盗難・紛失が発覚した時点で連絡すれば、その時点から利用を停止できます。いずれにしても、無記名式専用カードの補償はありませんし、おサイフケータイであっても、ご自身で携帯電話のロック機能を活用するなどの対策が必要です。

 なお、電子マネー機能の付いたクレジットカードと併用するなら、一定金額を自動補充する「オートチャージ機能」も利用可能ですので(チャージされた金額は、後日カード会社から請求)、チャージの手間もなく、既述のとおり、クレジットカードのポイントも付与されるので、お得感がいっぱいです。

   ポストペイ式 電子マネー
 料金を後払いする方式です。後日の決済は、クレジットカードからの引き落としになりますので、クレジットカードの入会が必要となります。メリットは、プリペイド型のように「チャージ残高を気にしないで使える」「利用限度額が高い」という点です。また、クレジットカードのような後払い方式なのに、「店員にカードを渡さないで済み(スキミング防止)、サインもしないで済む」といった(店頭での)セキュリティ面のメリットもあります。

 デメリットとしては、「上限金額が高いため、使い過ぎになる恐れがある」という点です。毎回チャージする手間はありませんが、使い過ぎないようにするため、使用金額を把握しておくことが大事になります。

 なお、後払いという性質上、クレジットカードを持てる人(年齢・資格)に限定されますが、紛失・盗難の際は、クレジットカード同様、保険の範囲内で補償が受けられます。





































  3.電子マネーは 「交通系」 「流通系」 が人気!  

 現在の電子マネーは、いろんな業界&会社が参入しており、バラエティに富んでいます。電子マネーの先駆者は Edy (現・楽天Edy) ですが、導入当初は「お金を使う立場の消費者」との距離感をなかなか縮めることができず、電子マネーの普及も伸び悩んでいました(元々はソニーが開発したシステムだったこともあって、生活に密着した小売業界等との結びつきが薄かったようです)

 しかし、その後 Suica をはじめとする「交通系の電子マネー」、WAON & nanaco といった「流通系の電子マネー」など、生活に密着した業界(交通・買い物)が次々と電子マネーの分野に参入したことにより、爆発的に普及しました。

 電子マネーは、下記のように色々な種類があります。通勤手段に公共交通機関を使用しているなら 「交通系電子マネー」 を、使用していないなら 「流通系電子マネー」 を選ぶと、より多くのメリットが得られます。

 なお、スマートフォンなどの携帯電話をお持ちの方なら、携帯電話でも使用できる(おサイフケータイにも対応している)電子マネーが大変便利です。

   プリベイド式 電子マネー
カード名 特徴など



Suica
JR東日本が中心となって発行している乗車カード&電子マネーです。首都圏JR、駅ビル、大手コンビニ、自動販売機など、多方面で使用できます。全国の交通系ICカード(相互利用提携事業者)のエリアでも乗車&ショッピング利用が可能です(PiTaPaは制限あり)。
おサイフケータイにも対応

PASMO
首都圏の私鉄、バス、地下鉄などで発行している乗車カード&電子マネー。全国の交通系ICカード(相互利用提携事業者)のエリアでも乗車&ショッピング利用が可能です(PiTaPaは制限あり)。
カード型のみ (おサイフケータイ非対応)

ICOCA
JR西日本が発行する乗車カード&電子マネーです。近鉄・京阪・JR四国でも発売されています。全国の交通系ICカード(相互利用提携事業者)のエリアでも乗車&ショッピング利用が可能です(PiTaPaは制限あり)。
カード型のみ (おサイフケータイ非対応)



楽天Edy
電子マネーの老舗。元々はソニーが主催していましたが、現在は楽天がメインとなって運営しています。使用可能店が多く、大手コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ネットショッピングなど、様々な場面で使用できます。
おサイフケータイにも対応

nanaco
使えるお店は、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、西武、アカチャンホンポ、デニーズなど。やや少なめですが、セブンイレブン派は大変重宝します。100円で1ポイント付与されます(1ポイント=1円相当)。ポイント付与率が高い電子マネーです。
おサイフケータイにも対応

WAON
イオングループのプリペイド式電子マネーです。イオンや、マックスバリュ、ミニストップなどで使用可能。週末はイオンでお買い物、といった方にオススメです。
おサイフケータイにも対応

   ポストペイ式 電子マネー
カード名 特徴など



iD
電子マネーiD(アイディ)は、NTTドコモが運営する電子マネーです。ドコモのおサイフケータイで使用できるほか、ドコモの携帯を持っていなくても、提携クレジットカード会社のカードを使用することもできます。
おサイフケータイにも対応



QUICPay
電子マネーQUICPay(クイックペイ)は、JCB系列の電子マネーです。後払い方式の電子マネーなので、事前チャージもサインも不要です。コンビニをはじめ、主要店舗で使えます。モバイルタイプは、au、ソフトバンク、NTTドコモ、WILLCOMで使用できます(クレジットカード会社の提携が必要)。
おサイフケータイにも対応



PiTaPa
PiTaPaは、スルッとKANSAI協議会(近畿圏の公共交通機関が運営)が展開するポストペイ式の乗車カード&電子マネーです。関西エリアにお住まいの方は大変重宝するカードです。ただし、他の交通系電子マネー(プリペイド式)と支払い方法が異なるため、他の地域での交通系電子マネーとの相互利用が限定されます。
カード型のみ (おサイフケータイ非対応)