カード活用術 HOMEクレジットカードの基礎知識 > キャッシングとクレジットカードの違いについて





  キャッシングとクレジットカードの違い
1. クレジットカードとは?
2. キャッシングとは?
3. クレジットカードとキャッシングとの違いについて


  1.クレジットカードとは?  

 クレジットカードの「Credit」とは、日本語で「信用」の意味になります。つまり、クレジットカードとは、信用によって商品を買うためのカードです。お買物のときにクレジットカードを提示すれば、現金を支払うことなく商品を購入でき(クレジット会社が立替払いしてくれる)、後日、カード会社を通じてその代金が請求されます。いわゆる「ツケ」で買い物をして、あとで支払いをするというこですね。お店で利用&購入した代金を、現金で支払うことなくカード決済できるので、手持ちの現金を持つリスクを負うことなく、気軽にショッピングやお食事等を楽しめます。クレジットカードは、主に信販会社やクレジット会社などが発行しています。

 クレジットカードは、以下のような特徴や特典等が付いており、単なる立替払いの機能にとどまらず、様々な機能が備わっています。

    ・現金を持っていなくても、買物をすることができる(お財布代わりに使える)。
    ・クレジット利用時の返済条件を「翌月一括返済」としているなら利息は不要。
  (分割/リボ払いの場合は利息あり。キャッシング利用の場合も利息あり)
    ・利用額に応じてポイントを貯めることができ、貯まれば金券や商品と交換できる。
    ・カード自体に旅行傷害保険が付いている
    ・カードの利用額に応じて、ついてにマイルも貯まる
    ・その他、様々な機能が付いているのに年会費が無料となっている。

 通常、クレジットカードには、このクレジット機能のほかにキャッシング機能(現金を借りられる機能)も付いています。クレジットカードでキャッシングする場合は、一括払いでお買い物するときとは異なり、一括払いであっても利息が付きます。
参考ページ : クレジットカードの魅力&特典


  2.キャッシングとは?  

 キャッシング(Cashing)を日本語に直訳すると、「現金に換える、小口融資を受ける」という意味になります。すなわち、キャッシング機能とは「消費者金融・信販会社・クレジット会社などから現金を借りる」ことをいいます。このキャッシング機能は、キャッシングカードやクレジットカード(後述)に付いている機能であり、ATMやキャッシュディスペンサーから現金を借りることができます。

 ちなみに、キャッシングの返済方法が「翌月一括返済」であるのに対し、ローンは「リボルビング払い、分割返済など、複数回に分けて返済するもの」をいいます。


  3.クレジットカードとキャッシングとの違いについて  

 前述の繰り返しにもなりますが、両者の違いを大まかに言うと、クレジットは「お買い物をツケ払いで済ますこと」をいい、キャッシングは「お金を借りること」をいいます。

 これに対し信販会社(クレジット会社)は、クレジット機能とキャッシング機能の両機能が付いた『クレジットカード』を扱っています。クレジットカードは、この他にも旅行傷害保険やポイント特典なども付いており、単なるツケ払いや現金調達といった機能を超えたマルチ機能を有しています。なお、クレジットカードに付いているキャッシング限度額は「キャッシング専用カード」よりも少額に設定されています。

 キャッシング会社(消費者金融会社)では、主にキャッシング機能のみが付いた『キャッシングカード』を扱っています。消費者金融というと、以前は独立系の金融会社ばかりでしたが、最近は金融再編などにより銀行の傘下に入ったり、銀行が新たに消費者金融会社を設立したり、或いは流通系や通販会社が新規参入したりと、消費者金融業界を取り巻く環境も様変わりしました。最近はシステムも細分化・明確化され、手軽かつ安全な金融調達手段として重宝されるようになりました(当サイトでは、銀行系列のキャッシング会社を中心にご紹介しています)。
 よって、多目的に活用したいなら「クレジットカード」を、まとまったお金を借りたいのなら「キャッシングカード」をお選びになるのが良いと思います。ただし、使いすぎ、借りすぎには十分ご注意ください。